ようこそ!!     なおるナオル へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。     
なおるナオル カタログ ご注文方法 通販法表記 医薬品販売表記 店舗地図
漢方のマルミ屋,30年以上の実績があります

  • ぜんそく散





こころ
かぜ
画像 眼・耳
 呼吸 皮膚
手足腰 女性専科
  血圧 強壮
内臓 尿・便
病中病後
広告




喘息,気管支炎,痰咳,去痰
ぜんそく散



(45包l)
  • 特別価格
  • 5400(税抜)送料別



ぜんそく散 おすすめ
寝床に入るとセキが出て眠れない

朝、起きるときにセキが出る

咳が出て呼吸が苦しい

咳が出ると動悸して苦しい

ノドがゼイゼイ・ヒューヒューなる

冷えると咳が激しくなる

タンがキレなくて苦しい

咳が激しく出て止まらない




用法用量
15歳以上・・・・・・・・1回1包
8歳~15歳未満・・・1回1/2包
5歳~8歳未満・・・・1回1/3包

小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させること。




ぜんそく散の成分・分量(3包中)
・日局カンゾウ末(0.5g)
・日局ケイヒ末(0.3g)
・日局シャクヤク末(0.3g)
・日局アンナカ(0.5g)
・マオウエキス散(6.8g)
添加物として沈降炭酸カルシウムを含有



(してはいけないこと)
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)

次の人は服用しないこと

体の虚弱な人
(体力の衰えている人、体の弱い人)



(相談すること)
<1>次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
  • (1)医師の治療を受けている人
  • (2)妊婦または妊娠していると思われる人
  • (3)胃腸の弱い人
  • (4)発汗傾向の著しい人
  • (5)高齢者
  • (6)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみなどを起こしたことがある人
  • (7)次の症状がある人
    • 排尿困難
  • (8)次の診断を受けた人
    • 高血圧、心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害

<2>服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
関係部位 症状
皮膚 発疹・発赤、かゆみ
消化管 吐き気、食欲不振、胃部不快感
その他 発汗過多、全身脱力感


<3>5~6回服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること










麻杏甘石湯 (マキョウカンセキトウ)
激しい咳嗽。
発作時には頭部に汗をかく。
喘鳴口渇を伴う
小青竜湯 (ショウセイリュウトウ)
喘鳴を伴う
喀痰が多い咳嗽
苓甘姜味辛夏湯 (リョウカンキョウミシンゲトウ)
喘鳴を伴う
喀痰が多い咳嗽
虚弱体質
麦門冬湯 (バクモンドウトウ)
切れにくいタン(少量・軟調)。気管支拡張症・肺炎。
こみ上げる咳嗽。
柴陥湯 (サイカントウ)
胸痛・背痛を伴う
粘稠な喀痰
半夏厚朴湯 (ハンゲコウボクトウ)
精神不安がある。
のどに異物感
神秘湯 (シンピトウ)
慢性に経過する。
呼吸困難・咳嗽発作
蘇子降気湯 (ソシコウキトウ)
体力虚弱。
足冷え・のぼせ・息苦しい。
慢性気管支炎・気管支ぜんそく。
小柴胡湯 (ショウサイコトウ)
発作時で無く、平素より併用
大柴胡湯 (ダイサイコトウ)
発作時で無く、平素より併用
体力あり、便秘する






葛根湯 (カッコントウ)
感冒の初期
頭痛・発熱・悪寒、
肩こり、無汗のもの
麻黄湯 (マオウトウ)
葛根湯より症状が激しい
発熱・咳嗽・悪寒・無汗
体力あるもの
小青竜湯 (ショウセイリュウトウ)
クシャミ・鼻水(みずばな)
喘鳴を伴う咳嗽
香蘇散 (コウソサン)
気うつを伴う感冒。
頭痛・耳鳴り・めまい・食欲不振
真武湯 (シンブトウ)
冷え、倦怠感が強い。
めまい・動悸・尿量減少・下痢
麻黄附子細辛湯 (マオウブシサイシントウ)
全身倦怠感・悪寒が強い感冒。
虚弱者・老人。
参蘇飲 (ジンソイン)
体力虚弱。胃腸が弱い。
感冒・せき。
柴胡桂枝湯 (サイコケイシトウ)
こじれた感冒。
自然発汗・微熱・食欲不振・関節痛。
桂枝湯 (ケイシトウ)
虚弱者の感冒初期。
自然発汗・微熱・悪寒





広告





通販TOP解説TOPご注文方法通販カタログ店舗地図通販法表記